投資

証券口座を徹底比較~投資におすすめの証券会社~

証券口座を徹底比較

近年、投資に対する関心が富裕層に限らず増えてきています。昔と違って今は、ネットで簡単に証券口座を開けて、投資信託なんかは少額でも投資できることから、投資のハードルが下がってきているようです。

「投資を始めたいけど、証券会社が多すぎてわからない。。」といった悩みを持つ人も大勢いるかと思います。このサイトでは、各証券会社を徹底比較します!きっとみなさんのニーズに合った証券会社が見つかることと思います。

1.取扱い商品

取扱い商品が多いほど、投資の幅が広がります。各社、どの商品が取り扱えるかを以下の表に示します。(データは2018/7時点)

  日本株 外国株 投資信託 ETF
SBI
マネックス  ○
野村ネット&コール
松井 ×

カブドットコム

×

楽天

○(スマホ×)

DMM

× ×

ライブスター

×

GMO

CFDのみ
  FX IPO

NISA

積立NISA

iDeCo
SBI
マネックス
野村ネット&コール
松井
カブドットコム
楽天 ○(スマホ×)

DMM × NISAのみ○ ×
ライブスター ×
GMO ×

 

みずほ証券、大和証券は、株式の購入手数料が高いため、上記の表に組み込みませんでした。

2.株式購入手数料

株式投資をする上で無視できないのが購入手数料です。各社の比較を以下に示します。(データは2018/7時点、表示は税抜き)

 表は横スクロールできます。        単位:円

1注文の約定代金 DMM ライブスター SBI、楽天証券 GMO カブドットコム マネックス 野村ネット&コール
0~5万 50 80 50 95 90 100 150
5万~10万 80 80 90 95 90 100 150
10万~20万 97 97 105 105 180 180 324
20万~30万 180 180 250 260 250 250 324
30万~40万 180 180 250 260 250 350 515
40万~50万 180 180 250 260 250 450 515
50万~100万 340 340 487

470

990 約定金額の0.1% 1029
100万~150万

400

400

582

570

1890 約定金額の0.1% 2057
150万~200万

600

600

921

900

1890 約定金額の0.1%

2057

200万~300万

600

600

921

900

1890~2790 約定金額の0.1% 3086
300万~3000万

800

800

921

900

2790~3690(上限) 約定金額の0.1% 5142~30857
3000万以上

800

800

973

960

3690 約定金額の0.1% 41143~77143

※表は横スクロール可能

1日の約定代金の合計金額

松井証券
0万~10万 無料
10万~30万 300
30万~50万 500
50万~100万 1000
100万~200万 2000
200万以上 100万毎に+1000円

 

やはり、主要ネット証券と呼ばれる、SBI、楽天証券、マネックス、カブドットコム、松井証券の手数料が安いことがわかります。その中でも、DMMが最も安いことがわかります。さすが、新しく参入した企業です。しかし、取扱い商品がほぼ株のみというのが難点です。株しかやらないというのであればよいかもしれません。あるいは、株はDMMで、その他は別会社という手もあります(ちょっと面倒ですが。。)。松井証券は、他の証券会社とは別の料金体系を取っています。通常は、1注文あたりで手数料が発生しますが、松井証券の場合、1日の約定金額の合計で手数料を算出します。さすがは、他とは違うことをする松井証券といった感じですね。

また、各社、ポイント制度や割引を導入しています。

  • SBI証券…取引手数料の1.1%分のSBIポイント(1ポイント1円で換金可能)
  • 楽天証券…取引手数料の1%分の楽天ポイントを付与。
  • マネックス証券…月間の取引手数料が30万以上の場合、取引手数料の半額のポイント付与。ポイントは取引手数料にあてるか、JALやTポイントと交換(1ポイント1円)
  • カブドットコム…シニア割(50歳以上 2~4%)、女子割(1%)、NISA割(最大5%)
  • DMM…取引手数料の1%をポイント付与。1ポイント1円で現金化可能。

株式の購入手数料だけで見ると、DMMがお得と見えます。ただ、取扱い商品の少なさを考慮すると、SBIが優勢に感じます。SBIはポイント還元率が一番高いので、他の手数料よりも、実質割安となります。

50歳以上の方や女性の方は、カブドットコムが良いと思います。ポイント付与率が1%で、さらに割引も適用されるので。

3.入金・出金方法

入金や出金の方法によっては、手間だったり、お金がかかったりとするため、チェックしておく必要があります。

  • SBI、マネックス、野村ネット&コール、楽天証券、…インターネットバンキングなら、入金・出金ともに無料
  • 松井証券…翌日以降出金なら無料。即日なら300円
  • カブドットコム…三菱東京UFJ、じぶん銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行で、インターネットバンキングなら無料。その他有料。利用できる銀行少なめ。
  • DMM…DMMの株アプリからなら無料。金融機関はほぼどこからでも可能(380以上の取扱い)

これらを見ると、カブドットコムが使い勝手の面で劣ります。対応している4社をメインバンクにしている方には良いですが。また、毎月自動で入金してくれる制度もありますが、あまり使い勝手が良くなく、それでも対応しているのは全7社です。これから増えることに期待しましょう。

その点、DMMは対応している金融機関が非常に多いため、基本的に不都合はありません。

4.その他所感

その他、私の感じたことを羅列します。

  • セミナー等、勉強できるコンテンツが充実している…SBI、マネックス
  • 独自のアプリ…各社アプリの開発には、力を入れているようで、充実していました。中でも、楽天証券はグループ内で楽天モバイル等を展開しているからか、操作性が良いそうです。
  • 外国株取扱い国数…SBIが9ヵ国、楽天証券が6ヵ国、マネックスが2ヵ国、野村證券が2ヵ国と、SBIが最も豊富でした。アメリカ、中国はどこでも取引でき、あとは、ASEAN諸国にどこまで取引できるかが、違いとなっています。
  • 投資信託取扱い商品数…SBIが2000以上(MMF、外貨建MMF、中期国債F含む)と最も多いようです。

5.おすすめの証券口座

取扱い商品、株式購入手数料などを総合的に判断すると、私はSBI証券をおすすめします。取扱い商品が豊富かつ、購入手数料が業界屈指の格安手数料のためです。さらに、オリコンによると、証券会社の満足度総合ランキングで1位となっています。

皆様も、本サイトの比較を参考に、自分に合った証券会社が見つけてください。

Nocchi_nochilog(のっち)
少額投資をこよなく愛する1児のパパ&サラリーマン。
お小遣い制でも負けずに投資をしています。

知るだけで暮らしが豊かになる知識を発信中!
若いうちから投資することの重要性を伝えるべく、ブログの記事を更新しています。

特にインスタグラムでは、1日1分で自然とお金の知識が身につくような情報を発信しています。
ぜひ合わせてご覧ください!

下のアイコンから飛べます!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です