システムトレード

[EasyLanguage]「MaxBarsBack設定を増加させてください」というエラーの対処法

EasyLanguage MaxBarsBackエラー
パンダはし
パンダはし
MaxBarsBackがなんたらっていうエラーが出る!?

例えば、75日移動平均であったり、100足前の株価を参照したりすると、「現在のMaxBarsBack設定で許可されたよりも多い過去のバーを参照しようとしました。MaxBarsBack設定を増加させてください」というエラーが出ることはないでしょうか。

MaxBarsBackってなに?そんなの設定した覚えない!?という状況になったりした経験はないでしょうか。

今回は、この解決法を紹介します。

タートル 投資手法 バックテスト
この結果を見てもまだシステムトレードしないのか【タートル流投資手法の驚くべきバックテスト結果】タートルが取ったとされる投資手法をプログラム化して、バックテストを行いました。その結果としては、かなりのリターンが期待できるものでした。トレンドフォローの投資手法は、まだまだ現役であるようです。...

エラー内容

以下の画像はエラー画面です。

MaxBarsBackエラー

このログに記載の通り、「MaxBarsBack設定を増加」させれば解決するようです。

その方法を以下に示します。

ストラデジーのプロパティで解決

この問題の解決策はいたってシンプルです。

以下の画像のように、ストラテジーの画面を開いて、右クリックをします。

その後、「プロパティ」を選択します。

MaxBarsBackエラー

そうすると、以下のような画像が出ます。

そこの、「分析に用いる足の最大本数」の値を必要な数字に変えれば解決します。

MaxBarsBackエラー

この数字は、計算な使用する最大の足数を表しています。

つまり、75日移動平均を用いたい場合は、75日前までの足データを使用しますので、この数字を75以上にする必要があります。

値を設定するときの注意点

パンダはし
パンダはし
それならMaxBarsBackはとても大きな数字にしとけば良い??

分析に用いる最大足数をとても大きな値にしておけば、どんな場合に対しても、問題なく回るようになります。

ですが、そうしてしまうと、計算の負荷を上げてしまうのでご注意ください。

本来、この値が設定されているのは、無駄な計算をしすぎないようにという意図があります。

ストラテジーやインジケーターで、計算をし始めるときに、計算しようとしている足のどれくらい前から計算を始めようかを設定しています。

したがって、もしも不必要なほど大きな値としてしまっては、計算が遅くなる可能性があります。

ですが、実際は、よほど複雑な計算ではない限り、この影響はわかりにくいです。

なので、複雑なストラテジーやインジケータを作らない限り、そこまで気にしなくても良いですが、頭の片隅にでも置いておくと、なにかの役に立つかもしれません。

EasyLanguageで出たエラーの解決に役立てば幸いです。

タートル 投資手法 バックテスト
この結果を見てもまだシステムトレードしないのか【タートル流投資手法の驚くべきバックテスト結果】タートルが取ったとされる投資手法をプログラム化して、バックテストを行いました。その結果としては、かなりのリターンが期待できるものでした。トレンドフォローの投資手法は、まだまだ現役であるようです。...
1 2
Nocchi_nochilog(のっち)
少額投資をこよなく愛する1児のパパ&サラリーマン。
お小遣い制でも負けずに投資をしています。

知るだけで暮らしが豊かになる知識を発信中!
若いうちから投資することの重要性を伝えるべく、ブログの記事を更新しています。

特にインスタグラムでは、1日1分で自然とお金の知識が身につくような情報を発信しています。
ぜひ合わせてご覧ください!

下のアイコンから飛べます!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です